ホーム > 採用情報

採用情報

先輩からのメッセージ

建築本部 前嶋 大地(2016入社)

入社したきっかけ 感じたこと

私は埼玉の大学を卒業後、地元である山梨県で仕事をしたいと考え山梨県に根付いている国際建設で働きたいと思い、この会社を志望しました。

入社したころはやることすべてが初めてなことばかりでわからないことが多い中、先輩方が親身になって教えてくれとても良い環境であると思います。また、様々な物件を多くできるため自分の知識も磨くことが出来る会社であると思います。

失敗談とそれを乗り越えた方法

初めのころは建築の専門の用語が多くて職人に仕事内容の伝達を間違えて伝わってしまうことがありました。先輩からの指示を理解し自分の言葉でしっかりと説明をすることで自分の勉強にもなり、的確な指示を出せるようになりました。

これから入社する後輩へ一言

私もそうでしたが、初めのころは話している内容が建築の専門用語が多く話の内容を理解するのに時間がかかりましたが、できることを増やしていけば自分の力につながると思います。ぜひ、ともにこの会社で頑張りましょう。

 

土木本部 松村 慧(2016年入社) 

入社したきっかけ・感じたこと

 私が最初に建設業に興味を持ったのは小学生のころでした。家の近くで橋の架け替え工事を行っているのを見て自分も同じものを造ってみたいと思ったことがきっかけです。そして、高校では土木科を選択し卒業してからは学んだことを活かす仕事に就きたいと思い国際建設を志望しました。入社してからは今まで以上に覚えること、初めて知ることが多く驚きましたが、先輩方に優しく、分かりやすく教えていただいたおかげで少しずつ覚えることができました。先輩方は優しく陽気な方が多くて働きやすく楽しいと思うこともありました。

失敗談とそれを乗り越えた方法

 入社したての時、現場に出て測量作業中に数値を読む事や計算する事などが遅かったり、計算ミスなどをして作業が遅れ作業員の方に迷惑をかけたりしたことがありましたが先輩が 「落ち着いてやれ、ミスに気づいたからいいんだよ」と言ってもらえたので頑張ることができました。

これから入社する後輩へ一言

 最初は分からないことばかりで戸惑うことも多いと思いますが、少しずつ覚えてくると楽しく思えることもあると思います。国際建設でお互い自他共栄できるように頑張っていきましょう

土木本部 森本 圭介(2016年入社)

入社したきっかけ・感じたこと

私がこの会社に入社したきっかけは、通っていた専門学校の求人情報で国際建設の名前を目にし、会社見学に参加したことがきっかけです。参加する前は、とても不安でしたが、会社の方々がとても親切に接してくださり、とても雰囲気がいいと思いました。現場の見学もさせていただき、学校で勉強したことが実際に現場で行われているのを見ておもしろみを感じました。また、質問したことにもとてもわかりやすく解説してくださりとても勉強になりました。この会社なら社会人としても技術者としても成長できるのではないかと思い、国際建設を志望することにしました。

 失敗談とそれを乗り越えた方法

私の失敗談はレベルで読み取った数値の計算ミスです。このミスによって施工の流れを止めてしまい、お忙しい中先輩方や施工業者の方に大変ご迷惑をかけてしまいました。私はこの失敗から計算した後には間違っていないか二重に確認するようにしています。当たり前のことですが、このようなミスをなくすことが本当に大事だと思います。

これから入社する後輩へ一言

入社したばかりのときは、わからないことばかりだと思いますが、日々勉強というつもりで仕事に取り組んでいけば、必ず自分の成長につながると思います。私も一年目でまだまだわからないことだらけですが一緒にがんばりましょう!

 

 

土木本部 三井 祐樹(2012年入社)

入社したきっかけ・感じたこと

私の家は建設業を経営しており、小さい頃から父の働く姿を見ていたこともあり、建設業に深く興味を持ち、大学で土木工学科を専攻しました。卒業後は大学で学んだことを生かすためにも、公共工事などを多く手掛けている建設会社で働きたいという気持ちが強くなり、国際建設を志望しました。入社当初は、やること全てが初めてのことばかりで、戸惑うことも多くありましたが、先輩方が親身になって教えてくれ、とても助けていただきました。国際建設の先輩方は気さくな方達が多く、とても働きやすい環境です。ですが、皆現場に出れば真剣そのもので、普段の生活と仕事とのメリハリがハッキリしていて、仕事をするにもとてもよい環境で働くことができます。

 失敗談とそれを乗り越えた方法

入社当初は、現場に出て測量の計算などの初歩的なミスを多々してしまい、協力業者の方にも迷惑をかけてしまうこともありました。ですが先輩方に「誰でも経験していることだから気にするな。次から間違えない努力をすればいい」と言って貰えたおかげで、失敗を恐れず挑戦できるようになりました。

 これから入社する後輩へ一言

入社したての頃は、初めてのことばかりで戸惑うことが誰にでもあるはずです。ですが、継続していけば必ず自分自身のものに出来るはずです。国際建設で共に切磋琢磨し、自分自身を成長させていきましょう。必ず、一社会人として成長できる会社です。

 

建築本部 三澤 圭史(2013年入社)

入社したきっかけ・感じたこと

私は、中途採用で国際建設に入社しました。元々は都心で働いていたのですが、子供の育児をきっかけに地元山梨に帰ってきました。まだまだこの仕事に対して勉強中と言うこともあり、同じ建設業で働きたく、この会社を志望しました。

建築職員の人数は決して多くはないのですが、年間の工事費・物件数などを見ると大変忙しい会社だと感じました。忙しいからこそいろいろなことを経験し自分の知識として吸収していけると思います。

失敗談とそれを乗り越えた方法

作業員の方へ本日の作業内容を説明した後、実際の作業状況を確認しに行くと説明した内容と違ったことをしていました。僕の説明が曖昧なこともありそのような事になったようでした。その後は、できるだけ的確にわかりやすく説明し、聞く側の立場になって説明しないとダメだと思いました。

これから入社する後輩へ一言

入社したばかりの時は戸惑うことや分からないことが沢山あるかもしれません。けれど、前向きに仕事を進めていけば、色々なことを覚え、必ず自分のものにして行くことが出来ると思います。ぜひ、一緒にこの会社で頑張りましょう。

事業内容・実績紹介

会社案内

採用情報